スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドのごみ事情

はやく更新せえ!というお叱りお受けながら、こんなに時間がたってしまいました。
大学も一息、今は少し時間に余裕が持てるようになったのでこれを書くことにしました。

さて、今日はニュージーランドのごみについてです。

前にも書きましたがニュージーランドではごみの収集は週1回、一家族に2つまで、と決められています。日本の都市あたりでは週2回生ごみが収集されますよね。1週間もごみを置いているとくさ~くなっちゃいますよね。

ところがニュージーランドでは、というかうちではコンポストにほとんど生ごみを捨ててしまうので生ごみがあまり出ません。コンポストでできた土は肥料として家庭菜園に使っています。栄養たっぷりなので夏は普通の土の3倍ほど野菜が早く育ちます。

その他コンポストに入れられない食べ物、肉や柑橘類などはフードディスポーザーなるものにいれるのです。

これは、ニュージーランドの多くの家庭の台所についているもので、食器を洗うところの横に穴が開いています。そこに食べ物を入れてスイッチを押すと中のカッターのようなものが回りだし、食べ物を砕いて流してしまうのです。

これはとてもエコロジー、そしてくさい生ごみを一週間も放置しておく必要もなく、ごみも減ってとても良い考えだと思います。

ということでうちではホームステイの学生を含めて4人で生活していますが、袋1個あれば充分。時には一袋の半分ぐらいでごみは済んでしまいます。

やはり、そういう面でニュージーランドはエコロジーが昔から生活の一部となって、自然にごみを少なくする暮らしができているのですね。


スポンサーサイト

テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

プロフィール

Windy93

Author:Windy93
1996年12月に単身、ニュージーランドに渡る。英語の勉強を兼ねて何かおもしろいことを探しに出かけてみた。日本とニュージーランドの往復を繰り返した後、2004年、運命のダーリンと出会って結婚。今は二人で日本探訪してます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
過去記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。